マル太の『道草日記』

ほぼ毎日更新――

厳密には「無意識の発見」とは記せない

 ――無意識の発見は僥倖であった。

 ということを、きのうの『道草日記』で述べました。

 

 ――無意識の発見

 というのは、わかりやすさを重視した表現です。

 厳密には、

 ――“意識と無意識との違い”の発見

 と記すのがよいと思っています。

 

 理由は簡単で、

 ――意識が十分には定義されていないから――

 です。

 

 わかっているのは――

 多くの人たちが、何となく、

 ――意識

 と呼んでいるもの――おそらくは、心の性質ないしは状態――が存在していて――

 それとは明らかに異質なもの――「意識」とは明らかに異なる性質ないしは状態――が存在しているようである――

 ということです。

 

 重要なのは、

 ――意識

 や、

 ――無意識

 ではなくて、

 ――意識と無意識との違い

 なのです。

 

 厳密にいえば――

 19~20世紀オーストリア精神科医ジークムント・フロイトが発見をしたとされるのは、

 ――無意識

 ではなく、

 ――意識と無意識との違い

 です。

 

 この“違い”を基にして――

 21世紀の僕らは、

 ――意識

 を定義していくことになるでしょう――「意識」が定義できれば、自ずと、

 ――無意識

 が定義できることは、いうまでもありません。

無意識の発見は僥倖

 ――“男女の問題”は無意識の問題に絡めると面白くなる。

 ということを――

 きのうの『道草日記』で述べました。

 

 無意識の問題で見過ごせない点は、

 ――他者の無意識には、そこそこ気づけるが、自身の無意識には、なかなか気づけない。

 という点です。

 つまり、自身の心を振り返っている限りは、

  心 = 意識

 となって、無意識などは存在しないことになり、

 ――私の心のことは私自身が最もよくわかっている。

 という主張がまかり通りことになります。

 実際には、他者の心をつぶさにみることで、

  心=意識+無意識

 となって、

 ――どうやら心には意識だけでなく無意識というものもあるらしい。

 ということがわかり、かつ、

 ――「私の心のことは私自身が最もよくわかっている」とはいいきれない。

 との見解に至るのです。

 

 その意味で、無意識の発見は、まことに僥倖でした。

 

 無意識は、19~20世紀のオーストリア精神科医ジークムント・フロイトによって発見をされたといわれていますが――

 その精神医学史的ないし心理学史的な正否はともかくとして――

 無意識が発見をされなければ、おそらく今でも、

  心 = 意識

 の図式が成り立っていたわけで――

 その場合には、心の問題にまつわる様々な論争は、「私の心のことは私自身が最もよくわかっている」との前提が阻害剤となって、ずっと不毛であり続けたはずです。

 

 もちろん、“男女の問題”にまつわる論争も、不毛であり続けたことでしょう。

“男女の問題”は無意識の問題に絡めると面白くなる

 ――男性も女性も、自分の性的欲求の対象を意識的には設定できないことから、いわゆる“男女の問題”が始まる。

 ということを、きのうの『道草日記』で述べました。

 

 つまり、

 ――男女の問題

 は、心の意識・無意識の問題と密接に関連している――

 ということです。

 

(それゆえにこそ、“男女の問題”は面白いのだ)

 と、僕は思っています。

 

 いわゆる“男女の問題”については、両極端の見方があるようです。

 ――実に興味深い問題だ。

 という見方と、

 ――実に下らない問題だ。

 という見方との2つです。

 

 この違いは、どこに由来するのか――

 

 僕は、

 ――無意識の問題に絡めるか否か。

 に由来すると考えています。

 無意識の問題に絡めれば、“男女の問題”は輝きを放ちますが、絡めなければ、くすみが淀みます。

 

 “男女の問題”は、なぜ無意識の問題に絡めることで面白くなるのか――

 

 “男女の問題”の二層構造が明らかになるからです。

 

 いわゆる“男女の問題”を――

 心の意識の及ぶ範囲だけで論じようとすると、実に不可思議な問題に思えてきます。

 

 その不可思議さには、なかなかの奥行きがあります。

 

 一方――

 心の意識の及ばない範囲も含めて推し測ろうとすれば、それほど不可思議な問題ではなくなります。

 

 むしろ、

 ――生殖を司る自然の摂理

 をよく暗示しているともいえる――

 

 こうした落差を楽しめるようになる、というのが――

 “男女の問題”を無意識の問題に絡めることの意義でしょう。

“男女の問題”の殆どが端を発しているところ

 ――男女の問題

 の殆(ほとん)どは、

 ――男性も女性も、自分の性的欲求の対象を自在に設定できるわけではない。

 というところに端を発しているように思います。

 

 ――自分の性的欲求の対象を自在に設定できる。

 とは――

 例えば――

 ――男性が、向こうから歩いてくる3人の女性とすれ違う際に、その3人の中の誰か1人の女性に狙いを定めて自分の性的欲求の対象にするということが、意識的にできる。

 ということです。

 

 そんなことが、もし本当にできるなら――

 いわゆる“男女の問題”の殆どは、生じないに違いありません。

 

 おそらく――

 誰もが、きわめて合理的な判断のもとに男女交際を始め、十分な熟慮を経て夫婦関係を結び、その後、何ら問題を見出すことなく、その夫婦関係を――それこそ、死が分かつまで――全うすることができるはず。

 

 実際には、自分の性的欲求の対象を自在に設定できる、ということはありません。

 多かれ少なかれ、皆、無意識的に設定してしまっています。

 

 いわゆる“男女の問題”について、

 ――出会って「あ!」と思い、気づいたら結婚していた。

 とか、

 ――なんで、こんな相手と結婚してしまったのだろう?

 とかいった話をときどき耳にしますが――

 そうした話は、そんなに稀有でも特殊でもありません。

 

 むしろ、“男女の問題”の話としては、典型的すぎるくらいです。

 あまりにも典型的すぎるからこそ、「稀有」とか「特殊」とかといった印象を与えてしまうのでしょう。

女性は「女」と「人」とを自在に演じ分けられるのか

 ――礼服と平服とを着分けるように、「男」と「人」とを自在に演じ分けられる男性など、この世に実在しない。

 ということを、きのうの『道草日記』で述べました。

 

 では――

 女性は、どうなのか――

 つまり、

 ――礼服と平服とを着分けるように、「女」と「人」とを自在に演じ分けられる女性は、実在するのか。

 という問いです。

 

 僕は女性でも女でもないので――

 この問いに十分な確度で答えることはできません。

 

 が――

 確度に乏しいことを承知の上で、あえて答えるなら、

 ――そのような女性も、おそらくは実在しない。

 となります。

 

 男性も女性も、元をたどれば同じ「ヒト」という生物種です。

 よって、相手を性的欲求の対象に据える際の仕組みが、男性と女性とで根本的に異なっているとは、ちょっと考えにくいのです。

 

 ただし――

 男性の視点からみて、

 ――あたかも「女」と「人」とを自在に演じ分けているかのようにみえる女性なら、実在する。

 と思っています。

 

 それは――

 たぶん男性の思い込みです。

 

 つまり、男性は「男」と「人」とを自在に演じ分けることができずに、相手を性的欲求の対象に据える際は、ほぼ無意識的に据えてしまうがゆえに、

 ――この女性は「女」と「人」とを自在に演じ分けている。

 と錯覚してしまいがちである、ということです。

 自分が無意識的にやっていることを、相手が意識的にやっていることと取り違えてしまうのですね。

 

 なお――

 この場合の「相手」というのは「女性全般」のことでは決してなく――

 ある男性にとっての特定の女性ないしは女です――もう少し詳しくいうと、

 ――ある男性が自分の性的欲求の対象に無意識的に据えてしまった女性ないしは女

 となります。

 

 要するに、

 ――世の中の全ての女性が「女」と「人」とを自在に演じ分けている。

 と思い込むことは――よほど女性に不慣れな男性でもない限り――ありえない――

 ということです。

「男」と「人」とを自在に演じ分けられる男性など

 ――男性が女性をみるときに、その女性を男性が性的欲求の対象とみなす場合には「女」とみ、みなさない場合は「人」とみる。

 という1文を、きのうの『道草日記』に記しました。

 

 そして、この1文から、次の1文、

 ――男性が女性を「女」とみるときに、その男性は「男」であり、男性が女性を「人」とみるときに、その男性は「人」である。

 が派生することを述べました。

 

 最初の1文にある「性的欲求の対象とみなす」云々について、一言――

 

 もし、男性が女性を常に意識的に性的欲求の対象とみなせるのなら――

 この1文も、それに続く1文も、ほとんど面白みはありません。

 

 むしろ、

 ――明らかな誤謬ないし矛盾を含む。

 と指弾されるだけでしょう。

 

 なぜならば――

 男性が女性を常に意識的に性的欲求の対象とみなせるのなら、その「男性」は常に自分を「男」か「人」かに演じ分けることができる、ということになってしまうからです。

 

 男性が、まるで礼服と平服とを着分けるように、「男」と「人」とを自在に演じ分けられるのなら、

 ――男性が女性をみるときに、その女性を男性が性的欲求の対象とみなす場合には「女」とみ、みなさない場合は「人」とみる。

 とか、

 ――男性が女性を「女」とみるときに、その男性は「男」であり、男性が女性を「人」とみるときに、その男性は「人」である。

 とかいってみたところで、

 ――だから、何なの? そんなの、当たり前だろう?

 と反駁されて、おしまいです。

 

 実際には、男性が女性を常に意識的に性的欲求の対象とみなせるわけではありません。

 往々にして、

 ――無意識的に――

 性的欲求の対象とみなしてしまいます。

 つまり、礼服と平服とを着分けるように、「男」と「人」とを自在に演じ分けられる男性など、この世に実在しません。

 プロの俳優さんなら、多少は演じ分けられるのかもしれませんが、常に意識的に演じ分けられるような俳優さんは、きわめて稀少でしょう。

「女」か「人」かが保留にされた存在

 ――男は女性を「女」とみ、人は女性を「人」とみる。

 と、きのうの『道草日記』で述べました。

 

 つまり、

 ――女性

 というのは、

 ――「女」か「人」かが保留にされた存在

 ということです。

 「女性」は、「女」でも「人」でもありうるのだけれども、それらのどちらに感知されるかは保留にされている、ということです。

 

 では――

 その女性をみているのは誰か――

 

 ふつうは、男性が想定されます。

 

 つまり、

 ――男性が女性をみるときに、その女性を男性が性的欲求の対象とみなす場合には「女」とみ、みなさない場合は「人」とみる。

 ということです。

 さらにいうと、

 ――男性が女性を「女」とみるときに、その男性は「男」であり、男性が女性を「人」とみるときに、その男性は「人」である。

 ということでもあります。

 保留にされるのは、客体の「女性」だけでなく、主体の「男性」も同じなのです。

 

 もちろん――

 以上の客体と主体とを入れ替えても、同じ話が成り立つと、僕は考えています。

 

 つまり、

 ――女性が男性を「男」とみるときに、その女性は「女」であり、女性が男性を「人」とみるときに、その女性は「人」である。

 ということです。

男は女性を「女」とみ、人は女性を「人」とみる

 主に「女性」という言葉をめぐって――

 ずいぶん言葉遊びに入れ込んでしまいましたが――

 

 きょうの『道草日記』では――

 話をもとに戻します。

 

 なぜ「女性」について考えていたのか――

 

 それは、3日前の『道草日記』で述べたように、

 ――相手を女としてみるか人としてみるか。

 という問いに答えるためでした。

 この場合は、「相手」というは、たいていは女性であり、「みる」の主語は、たいていは男性です――そうでない場合もありますが、その話は措きます。

 つまり、「相手を女としてみるか人としてみるか」の問いは、

 ――男性は女性を、いかにして女とみるか、あるいは、いかにして人とみるか。

 という問いに同じといえます。

 

 ここで、

  女性 = √女 × √人

 の図式を思い浮かべるのが、よいでしょう。

 この図式が意味していることは――少なくとも直感的に意味していることは――「女性」という概念における「女」と「人」との不可分性です。

 つまり、「女」という概念と「人」という概念とが混然一体となって「女性」という概念が形成されている、ということです。

 

 一方、「男性」についても、同じことがいえるはずで――

 つまりは、

  男性 = √男 × √人

 です。

 

 以上のことに留意をしながら、「男性は女性を、いかにして女とみるか、あるいは、いかにして人とみるか」の問いに答えるとするならば、

 ――男性は、女性を自身の性的欲求の対象とみなすときには女とみて、みなさないときには人とみる。

 となります。

 このときに、女性を女とみている男性は「男」であり、人とみている男性は「人」である、となります。

 要するに、

 ――男は女性を「女」とみ、人は女性を「人」とみる。

 ということになります。

「女性」という言葉について

 「女性」という言葉について、

  女性 = √女 × √人

 という数式のような関係が成り立つのではないか、ということを――

 きのうの『道草日記』で述べました。

  

 数学に親しんだ方なら、すぐにおわかりのように、

  女性 = √女 × √人

 という関係は、

 ――「女性」とは「女」と「人」との相乗平均である。

 ということを示しています。

 これは、

 ――「女性」という概念を考える上では、「女」という概念と「人」という概念とを足し合わせるのではなく、掛け合わせるのがよい。

 の見解から派生している、といえます。

 相乗平均は、日常的に用いられている普通の平均――相加平均――とは異なり、互いに掛け合わせることが多い値について平均を求める際に用いられます。

 「女」と「人」とは――きのうの『道草日記』で述べたように――やはり、掛け合わせるのがよいのです。

 足し合わせたところで、大した意味を見出せばかりか、「女」から独立した「女性」が成り立ちうることになってしまうからです。 

 ところで――

 

 以上のような理屈――疑似数学的な言葉遊びの理屈――とは別に、

 ――女性

 という言葉を他の言葉で置き換えるとしたら、すぐに思いつく言葉があります。

 ――女の人

 です。 

 きのうの『道草日記』で述べたように、

  女性 = 子から人に成った女

 です。

 よって、

  女性 = 女の人

 と記したところで、ほとんど違和感はない――

 

 これを踏まえると、

  女性 = √女 × √人

 は、

  女の人= √女 × √人

 となって、

(う~む。この数式にこそ、連体修飾語を作る格助詞の「の」の本質が隠されていたか!)

 などとバカなことをつい思い込みたくなるのですが――

 

 ここまでくると――

 さすがに、

 ――言葉遊びが過ぎる。

 といえましょう。

 

 「女性」「女」「人」の3語の関係性について何か意味のあることを指摘するとすれば、

 ――「女」という概念から独立をしている「女性」など、ありえない。

 および、

 ――「人」という概念から独立をしている「女性」など、ありえない。

 の2点に尽きます。

 

 そして――

 そのことは、実は、

  女性 = 女の人

 という図式だけで十分に指摘できるのです。

「女性」「女」「人」の関係性

 「女性」とは、

 ――女の子が成人をしたもの

 つまり、

  女性 = 人と成った女

 と理解しうる――ということを、きのうの『道草日記』で述べました。

 

 いわずもがなのことですが――

 ここでいう「人」は、「子」と対比された概念です。

 

 つまり――

 ここでいう「人」とは「大人(おとな)」のことです。

 

 よって、

  女性 = 人と成った女

 と記すのは正確ではなく、

  女性 = 子から人と成った女

 です。

 

 いずれにせよ――

 以下に用いる「人」は「大人」の意味です。

 

 さて――

 この、

  女性 = 人と成った女

 という図式を、「女性」や「女」や「人」との関係がわかるように表すには、どうしたらよいでしょうか。

 

 最も安直に考えたら、

  女性 = 女+人

 でしょう。

 

 が――

 これだと、

  女 = 0

 では、

  女性 = 0+人

  ⇔ 女性 = 人

 となって、少し具合が悪いのです。

 「女」という概念とは無関係の「女性」という概念が成り立ちうることになってしまう――それは、あきらかな矛盾といえます。

 

 つまり、

  女 = 0

 では、

  女性 = 0

 であってほしい――

 

 では、どうするか――

 

  女性 = 女 × 人

 とすれば、よいかもしれません。

 

 これだと、

  女 = 0

 で、

  女性 = 0

 になってくれます。

 つまり、「女」という概念とは無関係の「女性」という概念など、成り立ちえない、ということになる――

 これなら問題はありません。

 

 が――

 今度は別の問題が生じます。

 

 当たり前のことですが――

 女性は人です。

 

 つまり、「女性」も「人」も概念としては同じ次元です。

 ということは、「女」は概念としては無次元ということになる――つまり、「女」は「人」や「女性」といった生体的存在のような概念とは異なり、単なる属性のような概念ということになる――

 

 それで、よいでしょうか――

 

 例えば――

 物語の中で、男が昔の恋人を懐かしんで、

 ――あれは佳(よ)い女だった。

 などと懐かしむときに――

 この「女」は単なる属性でしょうか。

 

 そんなわけはありませんよね。

 どう考えても、「女」には「女性」や「人」と同じ概念――生体的存在のような概念――を認めざるをえません。

 

 では、どうするか――

 

  女性 = √女 × √人

 とすれば、よい――

 というのが、今の僕の答えです。

 

 これだと、「女性」「女」「人」すべての次元がそろう――

 

 なお――

 ここでいう「√A」は「Aの平方根」を表します。